鈴木屋敷復元の会

鈴木屋敷復元の会は、鈴木姓のルーツ「鈴木屋敷」の2021年度復元完成に向けて活動しています。

完成予想図

鈴木屋敷について

鈴木屋敷は、平安末期ごろに熊野から藤白の移り住んできた熊野旧三家の一つ鈴木氏が、
熊野信仰を広める拠点としていた場所です。

“牛若丸”こと源義経も熊野詣の際には滞在し、敷地内には義経弓立の松の古木が残されていたり、
平安時代の「曲水泉」といわれる貴重な庭園などの歴史的に貴重なものが残されていたりします。

建物は老朽化していますが、2021年度の完成に向けて復元工事を行っています。

駐車場

企業版ふるさと納税について

平成30年11月9日に内閣総理大臣から地域再生計画として認定を受け、企業版ふるさと納税による寄付を募集しております。

詳しくは、海南市のホームページをご覧ください。

ふるさと納税型クラウドファンディング

4月22日より「甦れ 鈴木の本家 今、ここに」~鈴木屋敷 再生・復元プロジェクト~がMakuakeにて掲載されています!
寄付金控除の対象となるほか、「鈴木証明書」や海南市の特産品などの返礼品があります。

※海南市に住民票がある方については、リターン(返礼品)の贈呈はできません

詳しくは、Makuakeプロジェクトページをご覧ください。

甦れ 鈴木の本家 今、ここに

鈴木屋敷復元の会

会の概要

住所 海南市藤白448(藤白神社内)
TEL 073-488-3805
会長 神出勝治(海南商工会議所会頭)
副会長 𠮷田昌生(藤白神社宮司)
事務局長 平岡溥己(藤白神社責任役員)
事務局長補 田尻昭人
会計 畑山盛蔵(藤白神社総代)

会の目的

本会は、歴史的に由緒ある鈴木屋敷の復元に向けて、相互連携を図り活動の輪を広げ、支援するものとする。

会のあゆみ

平成24年4月7日 鈴木屋敷復元準備委員会活動開始
平成24年3月4日 紀州藤白鈴木屋敷を育てる会を設立
平成25年5月21日~22日 第7回鈴木サミット&鈴木フォーラム開催
平成27年10月7日 国史跡指定認定
平成27年12月21日 紀州藤白鈴木屋敷復元の会に名称変更
平成28年3月 海南市史跡保存管理計画策定予算化
平成30年4月 国補助事業採択
平成30年11月9日 「企業版ふるさと納税」
鈴木屋敷の再生・復元による関係人口・交流人口の拡大事業が
地域再生法に基づき内閣総理大臣の認定を受ける

お問い合わせ

下記のメールフォームまたはお電話にてご連絡ください。

電話番号:073-488-3805(鈴木屋敷復元の会)

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容